>
>
>
>
妊娠・出産ガイド

妊娠・出産ガイド

母子健康手帳の交付

 
 妊娠がわかったら、医療機関等から発行される『妊娠届出書』を役場住民福祉課へ提出してください。
 『母子健康手帳』と『妊婦一般健康診査受診票』、『産婦健診受診票』、『妊婦歯科検診受診票』をお渡しします。
 母子健康手帳は、妊婦健診や乳幼児健診、予防接種を受けるときに必要になります。
 また、お子さんの成長の記録にもなりますので、大切にお使いください。
 産婦健診受診票は出産後、お母さんの健診に使用しますので、紛失しないよう保管してください。
 
 
 

上小地域の産婦人科医院(順不同)について

 

  医療機関名 電話番号 住所
分娩取り扱い施設
角田産婦人科内科医院 27-7760 上田市上田1210番地3
上田市立産婦人科病院 22-1573 上田市緑が丘1丁目27番32号

分娩は出来ない施設

(妊婦健診は受診可能)

上田原レディース&
マタニティークリニック
26-3511 上田市上田原455番地1
 三浦産婦人科 22-0350 上田市中央3丁目16番10号

 

 <注意>
 ・この地域で出産をご希望の方は、希望する医療機関に分娩予約状況等をご確認いただき受診してください。

 ○長野県内分娩取り扱い施設

  長野県内の分娩を取り扱っている産科施設については、

  長野県ホームページ内の長野県における医療対策情報の「長野県の産科医療の現状」の

  「長野県内分娩を取り扱う産科施設」をご覧ください。

 

産婦健診について(2018年10月1日~)

  村では、産後間もないお母さんを対象に、産婦健診を実施しています。

 

 〇対象者

  平成30年(2018年)10月1日以降出産された方で、受診日に青木村に住民票がある方

  妊娠届出時(母子健康手帳交付時)に『産婦健診受診票2枚』をお渡ししています。

 〇受診の時期

  おおむね産後2週間、産後1か月

 〇健診の内容

  問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、産後のこころの健康チェック

 〇助成金額

  1回につき、5,000円を上限に助成します。

  これを超える金額や健診内容以外の検査・治療等については助成の対象外です。

 

出生届

 

 赤ちゃんが産まれたら14日以内に住所地または本籍地の市区町村役場に出生の届出が必要です。

 出産された場所や里帰り先など、一時滞在地の市区町村役場にも届出できます。

 

 

出産育児一時金

 

 出産前に被保険者等と医療機関等が出産育児一時金の支給申請及び受取りに係る契約を結び、

 医療機関等が被保険者等に代わって各医療制度(国保や共済など)に出産育児一時金の申請を行い、

 直接、出産育児一時金の支給を受けることができる制度です。

 

 出産育児一時金の支給が協会けんぽから直接医療機関等へ支払われることから、

 医療機関等の窓口で高額な出産にかかった費用を支払う必要がありません。

 出産にかかった費用が出産育児一時金の額より少ない場合は、その差額が被保険者等に支給されるため、

 「健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書」の提出をお願いします。

 

 ※直接支払制度を利用できるかどうかは出産予定の医療機関等にご確認ください。

 

 

出産祝金

 

 村内に居住する方で出生届を提出された方に出産祝金を支給します。

 第1子・・・・・10万円

 第2子・・・・・15万円

 第3子・・・・・20万円

 第4子・・・・・25万円

 第5子以降・・・35万円

 

不妊症治療費給付金

 

 不妊症に関する治療(検査費を含む)に対して給付金を交付します。

 交付対象者は、村内に居住する戸籍法による夫婦で、

 給付の限度額は年間に30万円、支給総額は100万円までとなっています。

 県で実施する給付金の交付を受けられる場合は、その額を控除した額となりますので、

 上田保健福祉事務所(長野県不妊に悩む方への特定治療支援事業について)で確認してから村へ申請してください。

 

 不妊治療費給付金(条例) 

 申請書式  申請書式

 

長野県不妊専門相談センター

 長野県では専門の相談員(助産師)が相談に応じています。男性やご家族等もご相談ください。

 「不妊や不育症の心配」「繰り返す流産」「男性の不妊」「治療方法」「医療機関」「治療費助成制度」等について相談に応じます。

 

 ①電話相談  ☎0263-35-1012

  日  時  毎週火曜・木曜(祝日は除く)

        午前10時から午後4時まで

 

 ②メール相談 Emil funin@nursen.or.jp

        携帯電話のメールで相談される場合は、相談員からの返信が受診できるように設定をお願いします。

 

 

不育症治療費給付金

 

 不育症に関する治療(検査費を含む)に対して給付金を交付します。

 交付対象者は、村内に居住する戸籍法による夫婦で、

 給付の限度額は年間に30万円、支給総額で100万円までとなっています。

 但し、県で実施する給付金の交付を受けられる場合は、その額を控除した額となりますので、

 保健福祉事務所で確認してから村へ申請してください。

 

 

 

 

問い合わせ

 青木村役場 住民福祉課

 電話 0268-49-1012(住民福祉課直通)

 FAX 0268-49-3670