>
村長
>
村長室へようこそ

村長室へようこそ

 

                 

 

         青木村長 北村 政夫

      

             村長 スケジュール

 

所信表明(平成29年5月8日臨時議会にて)

 

  平成29年第2回青木村議会臨時会議にあたり、ごあいさつを申し上げます。
 青木三山の木々も芽吹きを始め、日に日に緑の等高線が頂上に向かい始めております。また里では草木の緑が一段と鮮やかさを増し、早い田んぼでは田植えの準備の水張りが始まるなど、五月晴れの続く絶好の季節となりました。
 議員皆様方におかれましては、4月23日執行の青木村議会議員一般選挙において、厳しい選挙を勝ち抜き見事当選されましたことに、心からお祝いを申し上げ深甚なる敬意を表しますと共に、今後の青木村活性のためご活躍されますことをご祈念申し上げたいと存じます。
 さて、私もこの度の村長選挙におきまして、多くの村民の皆さんのご支援をいただき、当選させていただくことができました。昨日5月7日をもちまして村長に就任させていただきました。本日ここにまた新たな気持ちで本議事に立たせていただいた訳でありますが、全村民の皆さんへの感謝の気持ちと、与えられた責任の重さに身が引き締まる思いで一杯でございます。
 
 さて、今の日本では様々なグローバルな社会現象が、一口では語り尽くせない多様性の中で蠢いております。一例を申し上げれば、企業の海外流出に伴う産業の空洞化、隣国からの軍事的な脅威、1000兆円を超す国と地方自治体の借金などの財政問題、超少子化・高齢化社会へ向けての対策、そして世代間による価値観の相違と多様性、等々地方自治を取り巻く課題は山積しております。
 
 一方村内に目を向けますと、地方創生青木村版総合戦略及び5か年計画にあたっての村民アンケートでは、最も優先してほしい政策は、少子化対策・高齢者対策などに起因する医療・福祉及び子育て・教育が高くなっております。そこで私は、村政を進めていく上で以下の2点の基本的な考え方のもと、村政を運営してまいりたいと考えております。
 ①まず、村の財源を増やす基盤をつくることが極めて喫緊の課題であると考えております。村が村税などの自主財源で行政経費をどれだけ賄えるのかを示す財政力は0.22と、県下市町村平均の0.39を大きく下回っているのが現状であります。私が選挙中訴えてまいりました村づくりの基本方針は、人口減少に歯止めをかけ、雇用の場を確保し、観光振興や村の特産品の創出により財源を豊かにし、それをもちまして医療・福祉、そして子育て・教育の拡充を図っていくことであります。5年・10年後、そして更にその先の未来を見据えた時、しっかりした中・長期的な展望の中で発展軸のレールを敷かなければならないと考えます。構造的に少子化・高齢化の進む中ではありますが、青木村には自然環境や文化・歴史、そして人材など様々な豊かな資源があり、これらをどのように活かしていくかが大きな課題であります。
 村政に近道や特効薬はありません。村の課題を専門知識によって分析し、解決等をコストを含めて検討し、プライオリティの高い政策を実現していく、必要なことは、当たり前の政治を当たり前の行政を、愚直に行うことであると考えます。全国1718の市町村(内、村の数は183)は、どこでもほとんど同じ課題を抱えております。頭ひとつ抜け出すには、それなりの努力が必要です。「努力は人を裏切らない」という諺がありますが、私は1718人の首長の中で誰にも負けない努力をしてまいります。
 ②村政の課題解決に向けての果敢なチャレンジであります。
 新しい仕事をすればするほど問題も発生し、失敗もあります。上手くいかないこともあります。時間のかかることもあります。しかし私は、村民の皆さんの期待に応えて、現状に甘んじることなく、志を強く持ち、新しいことへの挑戦をしてまいります。
 サントリーの創業者、鳥井信次郎氏の「やってみなはれ、やらなわからしまへんで」という言葉があります。「結果を怖れてやらない事を悪として、なさざる事を罪とする」、この精神で私もチャレンジしてまいります。そして村民の皆さんには勇気と真心を持って真実を語る開かれた村政を実現させます。
 今年度から始まりました日本一住みたい村づくり計画~第5次青木村長期振興計画後期基本計画(平成29年度~平成33年度)の推進、そして村民の皆さんの要望の強い重点推進プロジェクトであります
 ①道の駅あおき高機能拠点化プロジェクト
 ②国道143号青木峠新トンネル整備プロジェクト
 ③あおきっ子 小・中学校全学年2クラス化プロジェクト
 ④健康寿命延伸プロジェクト
につきましては、特段に力を入れてまいります。

 以上、私の所信を申し上げました。
 今後、村議会の皆様とは率直に話し合いをし、お互いに知恵を出し合える建設的な関係のもと、地方自治法の第1条のいうところの村民の「福祉の増進」という共通の目的に向かえるようお願いをするものでございます。
 どうか議員各位におかれましては、今後の村政運営に対し格別のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、私の2期目の村長就任にあたっての所信の表明とさせていただきます。
第2回青木村議会臨時議会  平成29年5月8日

村長へのメール
 
(*)

(*)