>
>
>
>
風しんを予防しましょう

風しんを予防しましょう

風しんについて

 

 風しんは、風しんウイルスに感染して起こる感染症です。

 主な症状として、発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。

 風しんウイルスは、感染者の咽頭から排出されて、飛沫感染しますが、発疹の出る1週間前から、発疹が出た後1週間くらいまでは感染力があるといわれています。

 

 妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染して、心臓や目、耳などに重い障害を起こす可能性が高いことが知られています。

 

 

風しんの予防策について

 

 風しんを予防するには、風しんワクチンの予防接種が効果的です。

 予防接種法に定められている定期接種の対象者(第1期:1歳~2歳、第2期:小学校就学前の1年間)は村から通知が届きますので、早めに予防接種を受けましょう。

 

 その他の方は医療機関で任意接種(費用は自己負担)が受けられます。

 以下に該当する方は風しんワクチンの任意接種を検討しましょう。

  ○昭和54年4月2日生まれ~昭和37年4月2日生まれの男性

   …定期予防接種制度の対象外だったため抗体保有率が低いとされています。

  ○抗体価の低い妊婦と同居している家族、今後妊娠を希望する女性

 

 

風しんの抗体価検査について

 

 長野県内の保健福祉事務所では、風しんの抗体検査を無料で受けることができます。

 検査を希望する方は、チラシの内容をよく読み、直接保健福祉事務所へ問い合わせてください。

 

  チラシ:風しん抗体検査を受けませんか