>
>
>
>
風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策に伴う抗体検査・予防接種について

 

 2018年7月以降、関東地方を中心に流行した風しんは、30代から50代の男性患者が多い状況でした。

 このような状況を受けて、国ではこれまで風しんの予防接種を受ける機会がなかった

 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性を対象に2022年3月まで抗体検査と予防接種を受ける機会を設けることとしました。

 今年度(2019年度)対象の方には5月にクーポン券等の案内通知をお送りしました。

 抗体検査は全国の指定医療機関や、職場の健診・特定健診でも受けられますので、この機会に検査を受けましょう。

 

 

 

 

対象者(青木村民)

 

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生れた男性

村では、国の方針に基づいて対象者を以下のとおり区切っています。

 

2019年度対象者:昭和47年4月2日~昭和54年4月1日の間に生れた男性 

  2019年5月末にクーポン券等の通知をお送りしました。

2020年度以降対象者:昭和37年4月2日~昭和47年4月1日の間に生れた男性 

  2020年4月以降通知をお送りする予定ですが、早めに受診を希望される方は、ご連絡ください。

 

 

抗体検査・予防接種の流れ

 

①抗体検査を受ける

 指定医療機関または職場の健診・村の特定健診で検査を受けます。

 

②抗体検査の結果を聞く(結果が届く)

 

③予防接種を受ける

 抗体検査の結果、抗体が十分でない(低い)と判断された方のみ予防接種の対象となります。

 

 

持ち物

 抗体検査を受けるとき

  クーポン券、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

 

 予防接種を受けるとき

  クーポン券、抗体検査の結果、本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

 

検査・予防接種費用

  1人につき1回まで無料(2022年3月31日まで)

 

 

検査・予防接種の実施場所

 

 全国の指定医療機関で受けられます。 (厚生労働省ホームページ指定医療機関一覧)

 

 

 

 

 

 

 

 問い合わせ

  青木村役場 住民福祉課 保健衛生係

  電 話 0268-49-0111(内線141)